SEO For Firefoxはやばいんじゃないの?

ここのとろこ社内のネット環境を利用していると、特にGoogleで検索していたりすると、こんなエラー画面に頻繁に出くわす。

f0173567_132727100.jpg


この画面を見たことがある人は多いだろう。キャプチャーコードを入力すれば、また使えるのだがうっとうしいことこの上ない。






いったいどこのどいがスパイウェアなんかもらちゃってるんだと、日々憤慨していたのだった。

だから最近はYahoo!Japanを利用するようにしている。あるいはmooterもシンプルで時々使う。

そして業務上、SEOがらみの仕事にもかかわっているので、SEO For Firefoxを常に有効にしていた。

そん中、SEO For FireFoxのアップデートがあった。これにより、Yahoo!JapanでもSEO For Firefoxの機能が利用できるようになった。それとともに、Googleのエラー発生が日ごとに早くなっていくような気がしたのだ。


と、そんなある日、ふと思いついたのである。SEO For FirefoxってGoogleが禁止している自動クエリーを発行するプログラムと同じなんじゃないかと。

f0173567_133148100.jpg


Googleで何かを検索すれば、自動的にページランクを見にいったり、キャッシュデータをチェックしたりしているわけだ。どう考えても自動クエリープログラムだよなぁっと。

しかも間髪いれずに次ページに移動すれば、それだけ多くのパケットを連打するのと同じ。機関銃をぶっぱなしているようなものかもしれない。たとえその時使っているサイトがYahoo!Japanであってもだ(アップデート後、Yahooでも利用可能となったから)。

社内数百人がネットを利用していても、インターネットにアクセスするためのルーターが一つなら、WEBサイト側からは一人のユーザーがアクセスして来ているようにしか見えない。正確な表現ではないが、意味合いとしてはそういうことになる。

ある1ユーザーが自動クエリーを乱発しているのと同じわけだね。

だからこういう結論に達した。

自分が憤慨していた犯人は自分だった。

あぁ恥ずかしい。この件は自ら不問としよう。

SEO For Firefoxを有効にしたときと無効にしたときの違いを、Wiresharkでチェックしてみた。有効のときの方がhttpパケット量が段違いに多かった。だから、そんなに外したことは書いてないと思うが、一応ここでは推論の結果としておきたい。
[PR]

  by suiteama | 2008-07-17 13:59 | SEO

<< こんなWEB制作会社は嫌だ!! Yahoo!Japanの200... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

free seo tool