@PAGESでMODxを使う上での問題点

無料レンタルスペース@PAGESでMODxをインストールしたことをエントリーしたが、もう一点大事なことを書き忘れた。

とても大事なこと。





@PAGESのサーバーではsendmailが利用できないので、MODxのプログラムを修正して外部のsmtpサーバーを利用するようにしておかないと、パスワードを忘れた場合、MODxに問い合わせ不能となる。

パスワードがメールで送信されてこないのである。

ということでMODxでパスワードを忘れた場合の対処方。新しいパスワードを"hogehoge"と過程する。


<?php
$password = md5('hogehoge');
echo $password;
exit;
?>


上記のプログラムに適当な名前をつけてファイル保存する。仮にmd5.phpとする。

これをサーバーにアップロードしてアクセスする。すると、hogehogeが暗号化されて表示される。

329435e5e66be809a656af105f42401e

phpMyAdminでtable modx_manager_usersを開く。passwordフィールドの値を、上記の暗号で書きかえる。

そして改めてログインできるか確認。確認できたら、md5.phpを速攻で削除。

忘れるたびにこんなことをするのは非効率的なので、何らかの対応は必要であろう。

ちなみに、@PAGESに限ってはキャプチャーコードも利用しない方が賢明である。

セキュリティが低くなるリスクを負う覚悟がいる。
[PR]

  by suiteama | 2008-07-09 12:51 | CMS

<< 本当に早いGoogleのクロー... @PAGESでMODX >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

free seo tool