Google タイポ、放置され続けるGoogleのミス

f0173567_122137.jpg


Googleのヘルプセンターページのことで、ず~と気になっていることがあった。たいして問題になるようなことでもないのだが、ことがGoogleのことなので喉に魚の骨が刺さったままのようだった。

ヘルプセンターの記事にタイポ(誤記)が散見されるのだ。

個人サイトならどうでもよいが、Googleがこのようなミスを放置したままでよいのだろうか?

いや、よくない。意を決し、Googleに誤りの個所を指摘したメールを1:07に送信してみた。





Googleヘルプセンターで「をを」、「のの」、「はは」、「もも」と検索してみるとよくわかる。

同一人物によるタイポであろうか。WEBサイトの品質を重んじるGoogleにしては笑えるミスもある。


1.「をを」

をを


2.「のの」

のの


3.「はは」

はは


4.「もも」

もも


ひとまず知りたいのは、Googleがただのエンドユーザーからの指摘に耳をかしてくれるのか、もし対応してくれるなら、どれほどのスピードで対応してくれるのか、である。

もちろんGoogleには数多くのサーバーがあるのは承知している。

彼らはタイポをどうやって訂正するのだろうか?


当記事はSEO関連ではないが、適当なカテゴリーが思いつかないのでとりあえずSEOカテゴリーに入れておく。

訂正されるのが楽しみである。
[PR]

  by suiteama | 2008-06-03 02:25 | SEO

<< 形態素解析の観点からちょっとだ... ブラウザーをスクロールキャプチ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE

free seo tool